株式会社メディカル・ケア
東京都の整骨・鍼灸・マッサージ・整体、各分野の専門治療院と介護事業 | 株式会社メディカル・ケア
  1. HOME
  2. 研修・勉強会
  3. 鍼灸vol.2 【低周波鍼通電療法(鍼パルス)】

鍼灸vol.2 【低周波鍼通電療法(鍼パルス)】

鍼パルスとは

周波鍼通電療法(鍼パルス)は大きく3つ分けられます。

  1. 筋肉内循環の改善と筋硬結や短縮の軽減(以下、筋パルス)
  2. 体性神経の閾値の正常化(以下、神経パルス)
  3. 亜急性捻挫など熱感・腫脹に対する消炎鎮痛(以下、関節パルス)

に分けられます。

適応疾患

  • 腰痛(筋・筋膜性)
  • 頚椎症
  • 坐骨神経痛
  • 遅発性筋痛
  • アキレス腱炎
  • ドゥ・ケルバン病
  • 亜急性捻挫

具体的対応

  1. 筋パルス

    ⅰ筋緊張
    [目的]
    筋・筋膜性腰痛等の筋性の症状に対し、筋緊張緩和を目的に行う。
    [鍼を刺す場所]
    緊張した筋肉を押した時に最も硬く、深い鈍痛のある所。刺す深さは、筋肉が届く所。
    [周波数と通電時間]
    1Hzで15分。
    [電流の強さ]
    筋肉がしっかりと動く位。鍼の刺した部分が『チクチク』『ズキズキ』する事が無いように注意する。
    ⅱ筋疲労・腱炎
    [目的] 遅発性筋痛やアキレス腱炎等腱の付着部痛みに対して、消炎鎮痛を目的に行う。 [鍼を刺す場所] 押すと痛みのある筋肉や腱。 [周波数と通電時間] 30~50Hzで10~15分。連続通電に休止時間を挟んだ断続波。 [電流の強さ] 腱の収縮が触知する位。
  2. 神経パルス

    [目的]
    頚椎症や坐骨神経痛などの神経根症状がある場合。体性神経の閾値の正常化を目的に行う。 [鍼を刺す場所] 障害された神経根の近く、痛みやしびれを訴える部位の神経経路の近く。 [周波数と通電時間] 1Hzで15分。 [電流の強さ] 支配神経領域の筋が動く程度。
  3. 関節パルス

    [目的]
    亜急性捻挫などで熱感、腫脹のあるものに対し、消炎鎮痛を目的に行う。 [鍼を刺す場所] 関節部の圧痛点や熱感、腫脹のある部位を挟むように。 [周波数と通電時間] 100Hzで15分。 [電流の強さ] 『ジーン』とした刺激を感じる程度。

注意点

捻挫や肉離れ等の外傷の初期はRICE処置を優先し、局所の刺鍼は避ける。

TOPへ戻る